観る

野中兼山邸跡の画像1

基本情報

のなかけんざんていあと野中兼山邸跡

新田開発事業の根拠地として
兼山が起居した跡。

新田開発事業の根拠地として兼山が起居した跡。
近くには船入川工事に携わった人たちに時を知らせる日時計の役割を果たした時光石を祭る時光石宮もある。
失脚の憂き目にあった兼山は晩年ここに蟄居して、この地で最期の日を迎えた。

≫野中兼山と山田堰についてのコラム

野中兼山邸跡の画像1

.

基本情報

お問い合わせ
-
アクセス
-
住所
土佐山田町中野

PC版を見る

スマートフォン版を見る

PAGE TOP